mi+ni+wa !!!!!

12歳・6歳・3歳 3人の子供達+夫+パピヨン(ロッシ)と暮らす働く母のブログです。 今日も明日も明後日も日々是忍耐でがんばりますっ!!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ありがとう。 

チョコがいなくなって家族がいなくなる、生き物には
限りのある命があるということを初めて身近に知った
mi+とni+。

mi+もni+も実のところその事にはピンときていなかったようです。
チョコが死んでしまう前夜、ワタシはni+にこう聞いてみました。
「チョコがいなくなったらどうする?」
するとni+は遊びの手を止めることなく
「また新しい犬、飼えばいいやん。」

がっかりしました。

死んでしまったチョコと対面したni+は
そっけなく「バイバイ。」といってチョコを送るために
車に乗り込みました。
運転をしながら「やっぱりni+には”死”を認識するのは難しいのかな。」
と思っていました。ふとルームミラーでni+を見ると
チョコが入っている箱をじっと見つめていました。

車のシートに長い間、顔を押し付けていたのですが
くるりと体制を前向きにかえたni+の顔をみると両方の目から
涙が流れていました・・・。
やっぱり悲しかったのですni+も・・・。

そういえばni+はワタシがチョコやロッシを大きな声で叱り付けていると
「ママ~そんなに怒ったらかわいそうやろ~。」
とよく言っていました。
そして、この日も「ママがいっつも怒るからチョコ死んだやろ~。」
と言いました。
ワタシがロッシやチョコに怒っている印象が子供達には強かった・・・と言う事です。

「チョコは天国に行けたかな~。」と今日も聞くni+。
本当は一番優しくて一番悲しいのかもネ・・・。

スポンサーサイト
[ 2008/02/10 15:44 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

mikarin

Author:mikarin
制作の日々に入ります。

いくつになったの



ブロとも一覧

■ ブログ名:思いつきダイアリー

■ ブログ名:ふわふわ姫とそわそわ殿
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。